ミナッティブログ

多趣味の為、有益な情報を提供出来たらと思います。

~バビロンの大富豪 ジョージ・S・クレイソン(グスコー出版)のレビュー~

こんにちはミナッティです。皆さんお金って好きですよね。というかお金がないと生活ができなくなるのでお金は世の中では絶対的必要なツールですよね。私は昔お金の使い方が物凄く下手でした。今も皆さんに偉そうなことは言えませんが今ではそれなりにお金に好かれ使い方も上手になったと思っています。皆さんはどのようなお金の使い方をしていますか?

そこで今回紹介するのはバビロンの大富豪 ジョージ・S・クレイソン(グスコー出版)です。

怪しいかもしれませんが私はこの本に出会って本当に良かったと思えた大切な本です。今でもお金の道を踏み外しそうになった時はこれを読み直します。

購入価格は約1,500円でした。

f:id:minatty1209:20191020083116j:plain

先に結論から申し上げますと本当に買って良かったと思える商品だったのでレビューします。

<目次>

  1. あらすじ
  2. 感想
  3. まとめ

1.あらすじ

古代都市バビロンの市民は世界で最も裕福な人々だったそうです。そのバビロンの国でも当然貧しい人がいました。その人はある時不思議に思います。「こんなに働いているのに、どうしてお金が貯まらないのだろう」と…そこで彼はお金持ちの友人にどうしたらお金持ちになれるか訪ねることを決心します!

続きは申し訳ないですが本を読んでください。私はネットで購入しましたが図書館等にもあるかもしれません。

2.感想

基本的にこの話は大昔の話ですが現代でも充分通用する話でした。というのもお金の使い方は昔も今もツールが違うだけで全く変わらないのだなと思いました。因みに今だとpay pay等のバーコード決済がありますよね。現金よりも確実に便利且つお得ですよね。バーコード決済は個人情報流出したら困るとか悩む方もいますが財布を落としたらそれは同じですよね。実際私はキャッシュレスは肯定派なので分散させて様々なツールを使用しています。話は反れてしまいましたがバビロンの大富豪には黄金の七つの知恵があります。その七つの知恵を私は今でも忠実に守り続けています。その為妻にはケチだと言われてしまいますが…私は買い物の仕方が一般的な人と考え方が変わりました。

お金の本でよく言われる(収入-支出)×利回りという考えはこの本でも言われています。この考えはお金を上手に使っていくうえで間違いなく大切な考えだと再認識しました。

3.まとめ

・中学生にも読みやすくなっている為若いうちから読むことをオススメ!

 

以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。